充填設備リニューアル及びクリーンルーム新設

充填設備リニューアル及びクリーンルーム新設

軽井沢ブルワリー株式会社(長野県軽井沢町)は工場内の充填設備をリニューアルし、缶ビール安定供給体制の強化を図ります。リニューアルのための投資額は約1億8千万円。
近年クラフトビール市場は急激な盛り上がりを見せており、特に缶のクラフトビールは人気が強く、当社も2021年の売上は前年対比123%と好調に推移しております。

今後大手スーパー、コンビニエンスストアなどへの流通増大を想定し、缶充填に関する設備をリニューアルいたしました。

クラフトビール業界では海外製の設備を用いることが多いですが、当社が導入する新しい設備は国内製の機械を選定し、部品の供給、およびトラブル発生に対し迅速に対応することが可能となります。能力は従来の約1.8倍まで増強。さらに新設備の周囲をクリーンエアーで保つクリーンルームも導入、安心安全な商品を安定供給できるよう生産体制を強化しました。

設備は3月4日より稼働開始。

Left Menu IconMENU