ホームの中の ブランドストーリー

ブランドストーリー

THE軽井沢ビール・プレミアムシリーズ

THE軽井沢ビールの中でも最高品質を追求した“プレミアム クリア・プレミアム ダーク”のラベルを彩るのは、千住画伯の貴重な言葉のない絵本「星のふる夜に」(1994年)からの作品。星のふる夜に親と離れ、森や街をさまよい、やがて再会する子鹿の一夜の冒険と家族愛のストーリーが描かれている幸せのビールです。

THE軽井沢ビール・プレミアムシリーズ

「ソメイヨシノ満開」は、2013年 作曲家・三枝成彰氏のオペラ「KAMIKAZE」の感動のラストシーンを飾った、満開の鹿児島・知覧の桜を描いた画伯渾身の作品です。春の訪れを告げるビール“桜花爛漫プレミアム”のラベルとなり、飲み終わっても捨てられない缶と言われます。



冬季限定“冬紀行プレミアム”のラベルは、2014年 オペラ「夕鶴」の背景として使用された壮大な雪景色。観る人を荘厳で静寂な雪の世界へと誘います。「この銀世界で一人静かに冷えたビールを飲む。こんな至福の時間をこのビールと過ごしたい。」
千住画伯の名画はTHE軽井沢ビールだけの製品化。美しく品格のあるTHE軽井沢ビールの誕生です。



素晴らしい芸術の真価と調和したTHE軽井沢ビールは、一般のビールとは一線を画すプレミアムを越えたプレミアムビールの品格を与えてくれました。名画の美と軽井沢の恵みは、技術と情熱、最新の設備で最良のビールへと到達しました。全ての期待を裏切らず美しい味を探求する軽井沢ブルワリーの努力に終わりはありません。誰からも愛され、何杯でも毎日飲みたいビールを目指します。